井伊家ゆかりの地・井伊直虎の花押・宗教法人蜂前神社(はちさきじんじゃ)

蜂前神社について

  • HOME »
  • 蜂前神社について

前神社(はちさきじんじゃ)の由来

神社名蜂前神社(はちさきじんじゃ)
代表者宮司・石埜ちづ子
鎮座地〒431-1304
浜松市北区細江町中川6915
御祭神熯速日命
甕速日命
武甕槌命
御祭典例祭日
10月中旬の日曜日

由緒

応神天皇十一年三月八日(西暦二八十年)八田毛止恵という人が勅命によって遠江国へ下向して、

  • 八田(祝田村の古名)四十五町
  • 広田(刑部村の古名)七十町
  • 岩瀬(瀬戸村の古名)の八町三反

合計百二十三町歩余りを開墾して本社を八ケ前(さき)の地に勧請して蜂前神社と斎き奉り子孫代々祝部として奉仕しました。

脇宮二社は十九代允恭天皇の御代に勧請され、その頃から社号は鳥飼明神、羽鳥大明神と称えられ延長五年(西暦九百二十七年)蜂前神社と改め古名に復しました。

延喜式神名帳に記載されている式内社であり旧社格は郷社であります。

DSC_0198白黒

PAGETOP
Copyright © 宗教法人蜂前神社 All Rights Reserved.